本文へ移動

通所を希望する方へ

このようなことで困っていませんか?

● 自宅で転倒が多く、しっかり歩けるようになってほしい
 
● 介護者が、日中不在になり、心配である
 
● たとえ認知症があっても、穏やかに生活してほしい
 
● 自宅で寝てばかりいるので、少しでも運動してほしい
 
● 社会参加の機会を持ち、他の人と交流してほしい

通所リハビリテーション開始までの流れ

お問い合わせ・ご相談
ご本人・ご家族・担当ケアマネジャーからのご相談をお受けしております。直接、お越しになっても構いませんが、前もってお電話頂けると幸いです。
見学・体験利用
1日見学や体験利用はお気軽にお電話下さい(無料)。通所リハビリテーションの概要と料金の説明をさせて頂きます。体験利用時は、ご自宅まで送迎致します。ご家族の送迎や同伴もお受けします。
利用申し込み
通所リハビリテーションのしくみについて、説明させて頂いた上で、お申し込みをして頂きます。
連絡・調整
ご本人、ご家族、ケアマネジャーと協議の上、対応致します。
契 約
事前にできればご自宅で契約をして頂きます。併せて、ご自宅での様子や家屋環境の調査もさせて頂きます。
利用開始当日
お持ち物を確認し、ご自宅で送迎車をお待ち下さい。

通所リハビリテーションご利用の一例

定期的に入所をし、在宅生活を維持できている例
常時、夏場と冬場に入所し、過ごしやすい季節に自宅に戻り、通所リハビリテーションを利用して、在宅生活を維持。
身体機能の状況をみて、入所・通所を利用している例
体力が落ちた際は、長期に施設に入所し、集中的にリハビリテーションを実施。体力が戻り次第、再度、在宅復帰。通所リハビリテーションを利用して、在宅生活を継続。
通所リハビリテーションを月~土利用し、独居暮らしを継続している例
独居で認知症がある。通所リハビリテーションを週6回利用し、健康管理や運動機能のリハビリテーションを受け、定期的なご家族への報告をしながら在宅生活を継続。

利用料金について

※食費(1食あたり600円)、入浴費(1回あたり1割負担 50円、2割負担 100円)は
 別料金となります。
※リハビリテーションマネジメント加算、リハビリテーション短期集中加算は除く
 
 詳しくはお問合せ下さい。

▼お気軽にお問い合わせください          担当:大久保・高澤

TOPへ戻る