本文へ移動

経口摂取に向けて

高齢者に多い誤嚥は、認知症や脳卒中後遺症に起因する脳の機能低下による嚥下(飲み込み)障害が原因で発生し、窒息や肺炎に繋がる危険な現象です。
まだら園では、誤嚥せず楽しく食事ができるよう、各専門職が連携して、ひとりひとりの心身状況に合わせた摂取・嚥下方法を工夫し、誤嚥防止となるようなお食事の提供を行っています。

いつまでも食べる楽しみを

誤嚥により食事摂取が困難な方にも、側臥位(横向き)の姿勢で可能な限り食事摂取して頂いています。側臥位で摂取していただくことで、嚥下状態をよく観察することができます。利用者様が少しでも食事の楽しみを維持できるよう、ひとりひとりの状態に合わせて食事摂取の方法を検討しています。

胃ろうで体力改善!

胃ろうは誤嚥なく確実に栄養補給ができるため、体力の改善には有効な手段です。胃ろうで体力を改善させたことで、経口摂取を再開し、胃ろうを使わなくなった利用者様もいらっしゃいます。また、胃ろうをしていても経口摂取は可能です。
まだら園では利用者様の状態を見て経管栄養と経口摂取を併用・切替することで、少しでも利用者様が食べる楽しみを維持できるよう心がけています。

誤嚥はリハビリテーションの力で防ぐ

嚥下(飲み込み)に関する評価項目として、口周り・舌・喉(のど)の筋力や座っている姿勢が重要視されます。
特に、高齢になると、それらの能力は大きく低下していきます。
そのため、まだら園では特に、口周り・舌・喉の筋力が落ちないように、口腔機能のリハビリテーションを提供しています。
TOPへ戻る